マサミノ美容液 ヒアルロン酸原液

マサミノ美容液 ヒアルロン酸原液

ネットショップ(BASE)やアトリエで販売中です。
テスターはアトリエにあります。

ヒアルロン酸原液とは?

「ヒアルロン酸原液100%」の商品は、「マサミノヒアルロン酸」や、「グランコンク ヒアルロン酸」の他にもドラッグストアやネットで様々な値段で販売されています。
その「違い」ってわかりにくいですよね。

 なのでまずはヒアルロン酸原液とはそもそも何か見ていきます。簡単に言うと


「ヒアルロン酸原液=ヒアルロン酸Na (1%)+ 水(99%)」
 

です。ヒアルロン酸Naの粉を溶かすのは、例え0.1%でもダマになったりして溶かすのにコツがいりとても時間がかかるので、最初から水に溶かして操作性を高めたものが原料メーカーから発売されています。
 
その発売されているモノを予めデザインされた容器に充填していくと、「ヒアルロン酸原液100%」の出来上がりです。

「成分表示のところにヒアルロン酸以外も入ってるから原液じゃない!」など書き込みがありますが、「原料メーカーからそのまま譲ってもらったモノを充填したものが原液」なので原液で間違いないんです。 

ヒアルロン酸原液の違いは?

【製造方法の違い】
たった1gで6Lの水を保持するヒアルロン酸。「お肌に水分を蓄える皮膜を張ってお肌や髪のうるおいを逃さない!」というのは成分に共通しています。国内での製造会社は私が知る限り3社あり、会社によって「製造方法(例:公開特許公報(A)ヒアルロン酸の製造方法・出願番号:2008223643)・分子量・防腐剤」が異なります。

 

 

以前は「鶏のとさか」から抽出されて製造されていたのですが、今ではほとんどのヒアルロン酸が「品質・収率・価格面」において優れている、「乳酸菌の仲間(ストレプトコッカスなどの微生物)」で合成されることが多いそうです。

【分子量の違い】
マサミヒアルロン酸原液は分子量が「120万〜150万」のものを、グランコンクヒアルロン酸原液は「約200万」のものを使用しています。

マサミヒアルロン酸原液は、1本でつっぱり感なく保湿できるのですが、分子量が低いので、直接塗布していただいたときに、「シワを隠したり、髪にボリュームを出したりすることが苦手です。」

グランコンクヒアルロン酸原液は、皮膜感を感じやすいので、「今お使いの化粧品の保湿力をグレードアップ、髪のボリュームアップ、シワを隠したい」場合はグランコンクヒアルロン酸原液をご使用ください。


【防腐剤の違い】
マサミ ヒアルロン酸原液は、防腐剤としてメチルパラベンとフェノキシエタノールを、グランコンクヒアルロン酸原液はメチルパラベンのみを使用しています。パラベンを使用しているのは、防腐剤の配合量を減らし刺激をより出にくくする為です。よく『防腐剤のパラベンがダメ!刺激がある!』と言われますが、それはパラベンを高濃度で使用している場合です。

 

料理で欠かせない「塩」も少量で使用するととてもいい調味料になりますが、大量に使用するとしょっぱいだけで体に悪いですよね。パラベンも少量で使用する分には、抗菌力の高い優れた原料です。ですのでご安心ください。

最後に、「価格の高いものが純度・効果が高い」という口コミをたまに見かけますが、決してそうではありません。ヒアルロン酸原液に関して言えば、「安い=企業努力の賜物」だということなので、「ヒアルロン酸Naとして1%配合されていることが明記されている原液に関して」は、安く販売しているところのモノをまずは使ってみることをオススメします。